連日厳しい暑さが続く今年の夏。夏バテや熱中症を予防するには、食事内容に気を配ることが重要だ。納豆に関する情報提供や研究などを行っているおかめ「納豆サイエンスラボ」は、全国の20~60歳代の男女1,000人を対象に、夏の免疫力と食生活についてインターネットで調査した。

 その結果、夏は免疫力に対する意識が低く、バランスの良い食事の実践に苦労している人が多かった。そこで、バランスの良い食事を実現するためには、夏バテ予防に効果のある発酵食品を取り入れるべきであると報告している。