日本呼吸器学会が「は(8)い(1)」の語呂合わせから、1999年に8月1日を肺の日に制定した。一般市民に呼吸器疾患についての最新の情報を伝え、病気の予防のための啓蒙活動を推し進めるのが目的である。