168日間の長期宇宙滞在を終え、今年(2018年)6月3日に地球に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の金井宣茂氏が7月26日、東京都の昭和女子大学でミッション報告会を行った。報告会では、同氏が国際宇宙ステーション(ISS)滞在中に取り組んだマウスの飼育実験を紹介。その成果がストレスと病気の関連性を解き明かす可能性があるという。