これまで長らく、妊婦が陣痛誘発を行うと帝王切開につながる可能性が高くなると考えられてきたが、そうではないことを示す研究結果が現れた。米国の研究グループは、健康かつ初産の女性においては妊娠39週目で陣痛を誘発した方が、誘発しないよりも帝王切開率が低下したと発表したN Engl J Med 2018; 379: 513-523