日本政府は1964年8月21日に輸血用血液を献血により確保する体制を確立することを閣議決定した。これを記念して毎年8月21日を献血の日に制定した。それまでは売血が盛んで、当時の駐日米国大使ライシャワー氏が輸血で肝炎になったりしたが、1969年に売血による輸血用保存血液の製造をやめ、1974年に預血制度を廃止し100%献血になった。