救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから1982年に厚生省(当時)が9月9日を救急の日に制定した。救急の日を含む1週間(日曜日から土曜日まで)を救急医療週間として、関係機関の協力により全国各地で応急手当ての講習会など各種行事が開催される。