国際アルツハイマー病協会(ADI)と世界保健機関(WHO)は1994年に毎年9月21日を世界アルツハイマーデー、9月を世界アルツハイマー月間と制定し、アルツハイマー病の啓発などを行っている。1994年9月21日から英・エディンバラで第10回ADI国際会議が開催されたので、その初日を記念日とした。アルツハイマー病に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらすことを目的としている。