眼底疾患の診断に用いられる光干渉断層血管撮影(OCTA)は、臨床症状が現れる前のアルツハイマー型認知症(以下、アルツハイマー病)に対して、非侵襲的で費用も安く、迅速に行えるスクリーニングツールとなる可能性がある。米国の研究グループによって、医学専門誌JAMA Ophthalmol2018年8月23日オンライン版)に報告された。