米、カナダ、フランスの3,000人を調査

 厳しい暑さが一段落し、朝夕には涼しさも感じるようになった。季節の変化は体調にさまざまな変化をもたらすが、高齢者の記憶力や認知機能にも影響を及ぼすことが示された。カナダ・University of TorontoのAndrew S. P. Lim氏らは、カナダや米国、フランスの高齢者約3,000人を対象に行った調査結果のデータを分析。70歳以上の高齢者では、記憶力や認知機能が高まるのは秋分前後で、低くなるのは春分前後だったと報告した。