カナダの研究者らは、CHILDと呼ばれる幼児を対象にした観察的研究のデータを用いて家庭における消毒剤の使用と子供の肥満との関係を検討した。その結果、抗菌・殺菌作用がある家庭用消毒剤を頻繁に使用する家庭の子供は腸内細菌叢に変化が生じ、3歳時の肥満が増加したと、カナダの医学専門誌CMAJ2018; 190: E1097-E1107)に発表した。