乾癬は根治療法が見つかっていない慢性の皮膚疾患であり、日本では50〜60万人がこの病気で苦しんでいると言われている(関連記事:「アンジェリカさん『乾癬、告白してよかった』」、「乾癬という病気を知ってる?」)。「カンセン」という言葉の響きから感染症と誤解されることも多く、世界保健機関(WHO)は認知度を高めることで誤解を解消することができると提言している。製薬企業のヤンセンファーマは、乾癬の啓発を目的としたプロジェクト「HIKANSEN project(ヒカンセンプロジェクト)」を立ち上げ、そのキックオフ・イベントとして、アートイベント『ふれられなかったにんげんもよう展』が10月5日(金)〜7日(日)に東京ミッドタウンで開催された。