米・Virginia Commonwealth University内科のAmr Marawan氏らは、米国民保健栄養調査(NHANES)から血中ビタミンD濃度と全身の持久力が関連するという研究結果を発表した。近年、ビタミンDは骨だけでなく、心臓や脳の血管、筋肉など、さまざまな部位で重要な役割を果たしていることが報告されている。(Eur J Prev Cardiol 2018年10月30日オンライン版)