緑内障は痛みもなくジワジワと進行する疾患で、気がついたときには視野が半分になっていた、なんて悲劇が珍しくない。この静かなる眼の殺し屋、緑内障は日本人の失明原因の第1位で、統計学的には40歳以上の20人に1人がかかっている。リスク対策が緑内障の発症と進展を抑える効果的な方法の1つなのだが、現在明らかになっているリスクは「高齢」「眼圧が高い」「近視」などで、自分で改善可能な生活習慣は含まれていない。旭川医科大学医工連携総研講座准教授の木ノ内玲子氏らは、北海道留萌市民約1,700人が参加した検討から「女性では肉を食べる日を1週間にもう1〜2日増やせば緑内障になる可能性が低くなる」と報告した(『PloSONE』電子版)。