出産時に新生児の脳に送られる酸素や血液が滞ると「新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)」という病態を引き起こす。HIEは死亡や重度の後遺症の原因になるため、直ちに治療しなければならない。国立精神・神経医療研究センターの伊藤雅之らの研究グループは、血液検査によりHIEを早期に発見できることを米国の医学誌Journal of Pediatrics2018年12月12日オンライン版)に報告した。

ポイント
・新生児の脳に送られる酸素や血液が滞ると、新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)を発症する
・HIEは死亡や後遺症の原因になるため、直ちに治療しなければならない
・血液検査で「LOX-1」を測定すると、速やかなHIEの診断・治療が可能になる