スーパーやコンビニエンスストアに行くと、新商品や特売品、売れ筋商品、定番品などがさまざまに工夫を凝らして陳列され、売り場を賑わしている。商品の陳列方法については、同じ商品や関連商品を棚の上から下まで縦に並べる垂直陳列と横に並べる水平陳列があるが、どちらの方が消費者の購買意欲を高めるのだろうか。私たちがこうした縦や横に並べられた商品を選ぶ際に、普段慣れ親しんでいる文章の書き順・読み順が影響しているかもしれないという驚きの研究結果を、広島大学大学院総合科学研究科行動科学講座准教授の有賀敦紀氏が米国の医学誌PLOS ONE(20018; 13: e0209837)に発表した。