近年、がん治療の進歩は目覚しく、多くの患者で生存期間が延長している。昨年(2018年)、本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞したことで注目を集めた免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの新規がん治療薬について、新聞やニュースで耳にしたことがある人も多いだろう。しかし、これらがん治療薬の投与法や使用目的、治療に際しての注意事項、効果と副作用などは分かりにくく、多くのがん患者が薬物療法に対する悩みを抱えていた。今回、静岡県立静岡がんセンターは、そうした患者の悩みを解決する手がかりとなる「処方別がん薬物療法説明書」を作成、公式サイトで公開した。