C型肝炎ウイルス(HCV)に直接作用して増殖を抑える直接作用型抗ウイルス薬(DAA)が登場したことで、多くのC型肝炎患者が治癒するようになった。だが、DAAでも効果が得られない治療不成功例が存在し、新たな治療法が求められている。大阪大学大学院消化器内科学教授の竹原徹郎氏は、1月25日に東京都で開かれたメディアセミナーで講演し、今年(2019年)1月に承認されたソホスブビル/ベルパタスビル配合剤(商品名:エプクルーサ、2月26日発売)について解説した。DAAによる治療が失敗した患者の約97%で有効性が得られたとして、「治療失敗例に完璧な治療法がない中で、アンメットニーズが満たされた」と述べた。同配合剤は重度の肝硬変(非代償性肝硬変)に対しても、国内初の薬剤として承認を取得した。