腰痛に悩む人は多い。背筋や腹筋などの体幹筋が腰痛に関係することを大阪市立大学などの研究グループが初めて明らかにした。体幹筋の量が少ないほど、腰痛による障害が多いことが分かったのである。詳細は、Eur Spine J2019年2月6日オンライン版)に掲載された。