がん関連疲労は、抗がん薬治療や放射線治療の副作用としてよく見られる。抗炎症作用を持つ魚油は、がん関連疲労の軽減に有効だと期待されている。米国・ロチェスター大学医療センターの研究グループは、乳がん患者を対象に試験を実施し、実際にはω-3脂肪酸を含む魚油より、ω-6を含む大豆油の方が有効であったとJNCI Cancer Spectr(2019年2月21日オンライン版)に報告した。