高齢化が社会に及ぼす影響を調べるためには、寿命だけではなく、加齢に関連する疾患や認知機能低下のインパクトを合わせて検討する必要がある。1990年から2017年にかけて、世界195カ国の疾患による負担について調べた研究(the Global Burden of Diseases, Injuries, and Risk Factors Study:GBD2017)では、各国における「世界平均の65歳と同等の健康度の年齢」を調査。最も年齢が高い日本では76歳でも世界平均の65歳と変わらない健康度を保っていた一方、最も年齢が低いパプアニューギニアでは46歳にして世界平均の65歳と同じ健康度であり、国によって30年もの差があることが明らかになった。この結果は英医学誌「Lancet Public Health(2019年3月1日オンライン版)」で報告された。