やはりタバコは体に良くない。サウジアラビアのFarhan A.W. Khan氏らは、水パイプやタバコによる喫煙者と、非喫煙者に分けて心臓発作が起きた年齢を調査し、喫煙者ではより若い年齢で心臓発作が起こりやすいことを、サウジ心臓協会の第30回年次集会で発表した。