実用化間近と期待されていた認知症治療薬アデュカヌマブの臨床試験中止が、2019年3月下旬に発表され、関係者に衝撃が広がっている。同薬は3段階のステップを踏んで有効性や安全性を検証する、最終段階の試験(第Ⅲ相試験)を進めていた。近年、製薬企業による開発中止が相次いだことに加え、最有力候補の頓挫によって、認知症治療薬の未来には暗雲が立ち込めている。