YouTubeやInstagramなどのソーシャルメディアネットワーキングサービス(SNS)で大きな影響力を持つ"インフルエンサー"を介した食品のプロモーションは、小児の食行動に一定の影響を与えることが英国の小児を対象とした研究で示された。不健康な食品(チョコレート菓子など)を手にした人気ユーチューバーの画像を閲覧した小児では、総カロリー摂取量や不健康な菓子類の摂取量が増えたという。英国・リバプール大学の研究者がPediatrics(2019年3月4日オンライン版)に報告した。