ソプラノ歌手の故マリア・カラスは、自分の腸管にサナダムシを寄生させて、1年間で約50kgの減量に成功したという伝説を持つ。肥満症は美容上の問題であるだけでなく、糖尿病、心臓病、脳卒中などのリスクを高めることから、治療法の開発は喫緊の課題だ。群馬大学大学院生体防御学分野の下川周子氏と国立感染症研究所寄生動物部部長の久枝一氏らの共同研究グループは、寄生虫感染による体重減少の謎を初めて解明し、Infect Immun (2019年4月8日オンライン版)に報告した。