昨今話題の仮想通貨。決済にかかる手間やコストなどが抑えられるという利点があるが、健康を損なうリスクも潜んでいることが明らかにされた。米・Rutgers UniversityのDevin J. Mills氏らは、定期的にギャンブルを行っている約900人を対象にオンライン調査を実施。仮想通貨の取引がギャンブル障害や抑うつ、不安感が生じ、体にさまざまな症状が出る不安症状と関連すると報告した(Addict Behav 2019; 92: 136-140)。今後はギャンブル依存症の診断や治療に、仮想通貨取引の経験の有無を加味すべきとの見方を示している。