50歳時の安静時心拍数が75回/分を超えていた男性は55回/分未満であった男性に比べて全死亡および心血管イベントのリスクが2倍に上昇する。スウェーデン人男性約800人を21年間追跡して、安静時心拍数が健康に及ぼす影響を検討した研究結果がOpen Heart2019; 6: e000856)に発表された。