日本の早産(妊娠22週0日から妊娠36週6日までの出産)率は約5%と推定され、他の先進国に比べて低いものの、早産には死産や低体重児出産、子どもの後遺症などのリスクが伴うため対策が求められる。欧米の研究から、代表的な発酵食品であるヨーグルトを食べることで早産のリスクが減少する可能性が報告されているが、味噌や納豆といった日本食特有の発酵食品と早産の関係については検討されていなかった。富山大学病院産科婦人科の伊藤実香氏、同科教授(現・同大学学長)の齋藤滋氏らの研究グループは、大規模な全国調査のデータを用いて、妊娠前の発酵食品の摂取頻度と早産の関連を世界で初めて検討。その結果を、医学誌Environmental Health and Preventive Medicine2019; 24: 25)に発表した。