心不全患者では認知機能に問題を抱えてしまうケースが多いとされるが、運動により心不全患者でも認知機能低下を回避できるかもしれない。イタリア・University of RomeのErcole Vellone氏らが、心不全患者を対象とした研究において、運動機能が維持されている患者では、そうでない患者と比べて認知機能障害を抱えている割合が少なかったことを、欧州循環器疾患看護会議2019で報告した。