ポジティブ思考や笑う回数が多いことなどは、健康に良い影響を与えることが知られている(関連記事参照)。それに対して、ネガティブ思考や強過ぎる責任感はメンタルヘルス(精神衛生)に悪影響を及ぼすことが分かっているものの、性格を変えるのは簡単なことではない。筑波大学の研究グループは、物事をネガティブに考えがちで我慢強い性格の人は、精神面だけでなく、外科手術後の回復にも悪影響が及ぶことを発見、医学誌BMC Psychology2019; 7: 27)に発表した。