世界規模で利用者が増加しているスマートフォンの出会い系アプリだが、見た目重視のパートナー探しには、健康上のリスクにつながる落とし穴があるようだ。米・ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院の研究グループが米国の成人を対象に調査したところ、出会い系アプリ利用者では利用しない人と比べて摂食障害の症状を持つ割合が多いことをJournal of Eating Disorders(2019; 7: 16)に報告した。