ストレスはがんの重要な原因の1つとされるが、そのことを裏付ける研究成果が岡山大学大学院細胞生理学分野教授の神谷厚範氏らのグループによって発表された(Nature Neuroscience 2019年7月8日オンライン版)。乳がんの内部に入り込んだ自律神経が多い患者では生存率が低いことを明らかにしたもの。今回の研究を踏まえ、同氏は「心を平穏に保つことが、がんの抑制に大切かもしれない」と述べている。