エビ、カニなどの甲殻類やサケに含まれるアスタキサンチンは、抗酸化作用と抗炎症作用を持つことが知られている。中でも、持久力を向上させたり筋肉損傷を軽減させる効果はアスリートに対する有効性が期待されるが、日本人トップアスリートでの検討は十分でなかった。東海大学健康管理学の菊地恵観子氏は、大学陸上競技の長距離選手を対象にアスタキサンチンの効果を検討した結果を第19回日本抗加齢医学会(6月14~16日)で発表した。この研究は、アスタリール株式会社と共同で行ったもの。