耳が遠い(難聴の)高齢者は、そうでない高齢者に比べ物忘れなどを訴える人が多いとの研究結果を、筑波大学と筑波技術大学の共同研究グループが発表した。結果を踏まえ、研究グループは「難聴と物忘れの因果関係について検証を進め、難聴の高齢者に対して適切なケアを行っていくことが重要」と提言している。