がん治療に伴う頭髪の脱毛は患者の生活の質(QOL)の悪化につながり、治療に対する意欲を低下させて治療の成否に大きな影響を及ぼす恐れがある。また、厚生労働省の調査によると、がん患者の58.1%が「治療による外見の変化」を経験しており、近年、「アピアランス(外見)ケア」への関心が高まっている。群馬大学病院乳腺・内分泌外科診療教授の藤井孝明氏らは、乳がん手術前後に行ったがん薬物療法の「有害事象(薬剤との因果関係は不明だが、治療により生じた有害な反応)」について研究を行い、第27回日本乳癌学会で報告した。