楽しいときには一緒にはしゃぎ、悲しいときには寄り添ってくれる。イヌは人類の最も古い友人で、最大の理解者である。種の違うヒトとイヌでなぜこれほど心が通い合うのか、これまでさまざまなアプローチで研究が行われてきた。今回、日本の研究グループにより、飼い主がストレスを感じて心拍が速まるとその様子を見ているイヌの心拍も速まることが確認された(麻布大学プレスリリース)。異種間において「情動伝染」の存在が証明されたのは、これが初めて。