1964年に日本人(アジア人)初のメジャーリーガーとして、村上雅則氏がメジャーリーグ(MLB)に昇格して以来、全米にトルネード旋風を巻き起こし2回のノーヒットノーランを達成した野茂英雄投手、世界の安打製造機・イチロー選手、ワールドシリーズMVPに輝いたゴジラ・松井秀喜選手をはじめ、最近では二刀流で話題を集める大谷翔平選手など、MLBで活躍する日本人選手は多い。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのVy T. Nguyen氏らは、1万人を超えるメージャーリーガーを対象にした調査から、一般人に比べメジャーリーガーは長生きであることが明らかになったと発表。選手としてのキャリア(実働年数)や守備位置による興味深い違いも見られたという。詳細は、JAMA Intern Med2019年7月22日オンライン版)に報告された。