近ごろ、口腔細菌(口の中に生息している細菌)がさまざまな病気と関連していることが分かってきた。中でも、歯周病菌は早産や生活習慣病、大腸がんなどに関与するとの報告がある(関連記事参照)。岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の横井彩氏、同科教授の森田学氏らの研究グループは、発がん性物質のアセトアルデヒド(ACH)と舌の表面に生息する細菌数の関連に注目。ACH濃度に影響を及ぼす細菌の特徴を解明したと、ブラジルの医学誌 J Appl Oral Sci2019; 27: e20180635)に報告した。