長い夏休みが終わり新学期を迎えるこの時期、学齢期の若者を中心に自殺の増加が懸念される。厚生労働省は9月10~16日の「自殺予防週間」に合わせ、地方自治体や支援団体と連携して相談事業・広報活動を実施すると発表。学校やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上でのいじめ、家族・友人との対人関係、生活上の困難やストレスなどの悩みを抱えている当事者や、周囲にそうした悩みを抱えている人がいる場合、ぜひ相談してほしいと呼びかけている。