米・メイヨークリニックの研究者らは、認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)を発症していない70歳以上の高齢者2,000例を対象とした研究で、コンピュータの使用やゲーム、手工芸、社会活動などの知的刺激を伴う活動がMCI発症リスクと関連するか否かを前向きに検討。その結果、中年期~高齢期にこれらの活動を行った人ではMCI発症リスクが低下したとNeurology(2019; 93: e548-e558)に発表した。活動の種類や活動時期にも関係が見られたという。