約50年前から世界的に近視が増加傾向にあり、特にアジア系の人で多いことが知られている。また、日本では強度近視が失明の原因の第4位に挙げられている。それにもかかわらず、日本の近視有病率は1990年以降報告されていなかった。今回、20年ぶりに日本の近視有病率について東京都内の小中学生約1,400人を対象とした調査が行われ、その結果が医学専門誌 JAMA Ophthalmol2019年8月15日オンライン版)に報告された。近視有病率は小学生で約80%、中学生で約90%と非常に高かったことから、研究者らは近視の増加傾向に警鐘を鳴らしている。