超高齢社会を迎えたわが国において、老年医学の分野で着目されているフレイル。中でも身体的フレイルは、尿失禁の危険因子となることが知られている。福島県立医科大学臨床研究イノベーションセンター/臨床研究教育推進部副部長兼特任講師の大前憲史氏は、健康な地域在住の高齢者を対象に尿失禁の一因である過活動膀胱(OAB)と身体的フレイルの関係について臨床疫学的な評価を実施。歩行速度がOABの有病率と関連し、さらに尿意切迫感および切迫性尿失禁とも関連していたと第26回日本排尿機能学会(2019年9月12〜14日、東京)で発表した。