米国では、公的医療保険の加入者を対象に、糖尿病の発症リスクが高い人が生活習慣を改善し、発症を防ぐことを目的とした糖尿病予防プログラムが提供されている。しかし、同国の研究者らが行った調査から、一般内科医が行った糖尿病発症リスクの評価が十分でないため、同プログラムに参加する機会を逸している人が少なくないことが示唆されたという。調査結果の詳細はJournal of General Internal Medicine2019年9月9日オンライン版)に報告された。