疲労を十分に回復するのに必要な睡眠時間は、その日どれだけ長く起きていたかではなく、起きている間の脳の活動強度によって決まる可能性があるという。英・University College LondonのJason Rihel氏らがNeuron (2019年8月23日オンライン版)に報告した。