難聴の人は認知症やうつになりやすく、筋力や日常生活の活動性なども低下しやすいことが指摘されている。米・University of Michigan Medical SchoolのElham Mahmoudi氏らは、難聴と診断された66歳以上の高齢者を対象に研究を実施。補聴器を使用するとアルツハイマー病、認知症、不安、抑うつ状態になったり、転倒してけがをしたりするまでの期間を遅らせることができると、J Am Geriatr Soc2019年9月4日オンライン版)に発表した。