ペットを飼っている人、特に犬の飼い主は、ペットを飼っていない人と比べて心血管疾患(CVD)のリスクが低い。チェコの研究者らが、同国ブルノ市在住者の心血管の健康状態を2013年から5年ごとに追跡しているKardiovize Brno 2030研究のデータを解析した結果を、医学専門誌 Mayo Clin Proc Inn Qual Out2019; 3: 268-275)に発表した。