「台風が近づくと喘息の発作が出る」「雨の日は頭痛になる」。このように、日々の気象変化によって特定の症状が現れたり、悪化したりする病気や体調不良は「気象病」と呼ばれ、花粉症、熱中症、インフルエンザなど、特定の季節に発症する病気を指す「季節病」とは区別される。なぜ、天気が体調に影響するのだろうか。