野球アカデミーのオンデック長崎と長崎大学大学院工学研究科などのプロジェクトチームは、部活や少年野球チームなどで運動をする子供のための熱中症監視システムを開発した。人工知能(AI)を活用し、子供ごとに熱中症危険度を表示でき、危険なときはアラームで知らせてくれる機能を持たせた。