東北大学大学院工学研究科教授の西澤松彦氏らの研究グループは、新たに開発したハイドロゲル素材を用いたコンタクトレンズの実験で、通電によってレンズ内に水流を発生させると、乾燥速度が低下することを実証。さらに体や環境に優しいバイオ電池を搭載し、外部からの電力供給を必要としない有機物のみで構成された自己保湿型の抗ドライアイレンズの実現にも成功したという。詳細はAdvanced Materials Technologies(2019年11月28日オンライン版)に発表された。