110歳以上の長寿者の血液を詳しく調べたところ、特殊な免疫細胞が多く含まれることが分かった、と理化学研究所と慶應義塾大学の共同研究グループが発表した。今回の研究結果は、免疫と長寿の関係を解き明かす一端になると期待される。