解熱鎮痛薬として知られるアスピリンは、少量の投与で血液をさらさらにする効果があり、脳卒中や心血管疾患の再発予防のために広く服用されている。兵庫医科大学らの研究グループは、糖尿病患者に対するアスピリンの効果を検討した試験の追跡研究を実施。2型糖尿病女性患者に低用量アスピリンを投与すると、認知症の発症リスクが下がることが明らかになったと発表。詳細は、米国糖尿病学会の機関誌Diabetes Care(2019年12月5日オンライン版)に報告された。